アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
喫茶ポプリ
ブログ紹介
1995年パソコン通信ニフティサーブに集まった平沢進ファンの盛り上がりをうけて、ニフティ内にファンサイト(BBS)として開設。その後インターネットに移転。
で、その間いろいろあったりするわけですが、この度、個人のブログとして(勝手に)リニューアルすることにしました。
たまにはヒラサワの話もするから許してけろんちょ。    FOO
-2007/10/22 - 

◆写真はクリックすると拡大します。◆当ブログはリンクフリーです。
◆twitterもやってます。小ネタはそっちが中心です。 http://twitter.com/foomodel
zoom RSS

鉄切り歌

2015/12/13 13:21
平沢進 Vol.5 (7)

まずは「アヴァター・アローン」の話から。

曲が出来たときは、(道に)あああー あおーん♪だったはず。
歌詞がハマればいいのだから、ここは「アジャパーだよ〜ん」でもよい。
よくないか。
しかるに、あおーん には「アローン」が選ばれた。
平沢さんが好きなSF小説『人間以上』からのチョイスだろう。
天涯孤独だった青年ローン(自分でつけた名前は「オール・アローン」)が世間から迫害される様がこの曲のモチーフとみた。
「衛星ALONE」や綴りを反転させた「電子悲劇ENOLA」もあるし、以前から重要なワードだったと思われる。

『ホログラムを登る男』は、ホログラムに象徴される様々な非現実、虚像、幻影をテーマにしたアルバムだ。
実体がないというくくりであれば、我々の思念もそうだと言えなくもない。
それは夢見る力として活動の源泉になればいいが、硬直した思い込みとして自らを縛る鎖にもなる。
だが、ヒラサワは「鉄切り歌」で歌いかける。
あせらず経験を積めば、鉄の茨も断ち切れる日が来ると。

ところで「ソリトン」の冒頭にも“鉄”が登場する。(♪このの色あい・・)
ソリトンは孤立波=アローンの波。
アローンとアイロン(鉄:iron)は似てないだろうか。

インタラクティブ・ライブ WORLD CELL 2015 の最終日、私は会場参加した。
エンディングで歌われたのは、終幕に相応しい「鉄切り歌」だった。

 空の星座へ 空の星座へ・・・

星座は星の集まり、アローンではない。
全国から駆けつけた観客は、♪鉄は だんだん切れ♪ の合唱でひとつになった。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


愛を知る刃で一刀両断

2015/12/13 10:34
平沢進 Vol.5(6)

表題は気にしない。

幻の断崖であがく「ホログラムを登る男」は、地に足を付けていない愚か者なのか。
虚業にうつつを抜かす蒙昧な現代人を蔑んでいる歌のように聴こえたが
< 死よりなお悪辣と・・停滞を撃つ >のフレーズがその解釈を否定した。
現状を良しとせず、不確かな岩場に足をかけ、幾たび滑落しようとも前人未到の頂を目指す不屈の男。
まさにヒラサワ自身ではないか。

「クオリア塔の歌詞にある“虚妄”って仏教の言葉だよね」とMoo(ウチの嫁)が言う。
釈迦は「将来を不安に思う事は無意味」と語ったそうだ。
「不安を打ち消すために自信を持とうとする事も幻想だ」とも。
たしかに、将来を心配して悩む事と、見通しを立てて目の前の問題を処理する事は違う。

平沢進は実践の人だ。
「これはおかしい、こうすべきだ」と思えば、慣習や慣例など気にしないでアクションを起こす。
それがヒラサワの人生の鉄岳、おおっと間違えた哲学なのだ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ホモ・ゲシュタルト

2015/11/08 18:17
平沢進 vol.5 (5)

  グボグボグボグボボボ・・・・

潜水服から漏れるような泡音から始まる「ホモ・ゲシュタルト」は、衒学的な言葉が乱舞する『big body』の中ではタイトル以外は平易な単語で綴られた歌ですが、平沢進の歌詞の魅力が凝縮されているという点は、個人的には代表作に挙げていいくらい深みのある曲だと思っています。

そのタイトルは、平沢さんが「一番好きなSF小説かもしれない」と語るシオドア・スタージョンの『人間以上』からの引用で、主人公達が自らを称する“集合人(ホモ・ゲシュタルト)”の概念がアルバム全体のテーマらしいです。

テレポートや念動力、テレパシーと言った超能力を持つ白痴の青年や発達障害の子供達は、共棲することで各々を補い合い生き延びていく。面白い小説ではありますが、彼らミュータントが巨悪と戦うような爽快なお話ではありません。中高生の読者など相手にしない描写で綴られています。

黒人や孤児といった世の中から疎ましがられる者達が、連携・連帯によって想像を超えた英知や発明を得るという設定に平沢さんは共感したのでしょうか。はからずもバンド(band:集合体)は、各楽器奏者が個人では成し得ない“奇跡”を生み出しますし、ミュージシャンそのものが世間的には異端者ですから。

“深みのある曲”と書きましたが“深読みが出来る曲”と言い換えても構わないでしょう。
<GIGAに及ぶほどの光>=ビッグバン(「光あれ」?)という宇宙創生から始まる壮大なスケールにおののき、<下降のG>は重力か、はたまた神の降臨か。<孤立のピーク>は、波動関数による量子の広がりと収束に違いない。神は遍在するのだ!(観測されるまで)

ああ、楽しい。

さて、この曲で最も腑に落ちないフレーズは<GIGAほどWIDE>の対で歌われる<NANOまでDEEP>です。

  ♪DEEEEEEEEE(・・・んーーーー、なんで??)EEEEEEP

  “ワイド”の反対語は“ディープ”ではなかろう。

いや、DEEPのほうが主題なのでは? そう、この歌は、そもそも“深い”のです。

「ホモ・ゲシュタルト」は、世界中の人達がインターネットで繋がることで、改訂ホモ・サピエンスとでもいうべき高みに至る期待感を歌っているように聞こえます。しかし、鏡映しのように別のメッセージを語りかけているのです。
物質的なテクノロジーの光でも覆いきれない普遍的な孤独(ミュータント達が抱いていたような孤立感)を抱えた我々も意識の深いところでは繋がっているよ、表層ではバラバラであっても個人的無意識のさらに深く沈みこんだ集合無意識の領域で私達は一つになり得るのだ、と。

big body は big spirit の陰陽反転したものなのですね。

                このへんがピーク
                          ↓
画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Kingdom

2015/01/04 11:03
平沢進 vol.5 (4)

作風の変化からファンを戸惑わせた『Sim City』。収録曲の中でも<去勢の歌手団>という歌詞が鮮烈な「Kingdom」は、迫害を受ける性的マイノリティを歌った曲だと思われた。
しかし、奇妙なのは散見されるキリスト教のモチーフだ。
仏教徒が多い Kingdom of Thailand(タイ王国)が舞台にもかかわらず、遥か遠いバチカン市国にあるシスティナ礼拝堂が登場するのは何故?
キーになるのはミケランジェロが礼拝堂の天井に描いた『最後の審判』だ。
現代において「最後の審判」と言えるシチュエーションは核戦争だろう。
つまり、<喝采にそびえ立つ弾丸>は、核弾頭を搭載したミサイルであり、人類がその愚かさのために滅びる日を歌っているのだ。
確信を得たのは<終末の避暑のため>という歌詞で、長い間この謎のフレーズは私を悩ませた。
週末の避暑?ブルジョアが別荘でテニスでもやるのか?
いや違う。週末の避暑 = “終末の日”暑 なのだ。

天に召されたイエスが再び降臨し、世界の終わりの日に信者を天国に導き入れる。
なるほど。<シスター千人/歌手団千人>の<千人>が、最後の審判以降、神が直接地上を支配する「千年王国」を連想させる言葉として機能するではないか。
ちなみに Kingdom は「天国」を意味する言葉でもあるらしい。
歌詞中のキミをカミと読み換えることも可能だ。

虐げられた者達が<秘密の声>の主を歓待の歌で迎える。
夢に見た救済の時は来たのだ。


(イエスの「再臨」を歌ったのが「サイレン」と考えるのも面白いだろう)
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


『悪童日記』(アゴタ・クリストフ著)

2014/11/03 22:19
書店の文庫本コーナーに『悪童日記』の文庫本が平積みになってて「何で?」と思ったが、帯に書かれた「映画化」の文字で納得した。
この小説には国名も人物名もいっさい表記されていないが、第二次世界大戦中のヨーロッパ、それもドイツ軍に占領された国の話なのは読み始めればすぐにわかる。
主人公は双子の少年で、『悪童日記』という秀逸な邦題のとおり、特異な感性を持った彼らが戦時下で体験する出来事を書いた日記(短い作文)となっている。辞書と聖書で読み書きを覚えた彼らの文章は翻訳を通してもユニークだ。時代背景も含め映画『ブリキの太鼓』と似ていると思ったのは私だけではないはずで、ドライで残酷な描写も共通している。

家に帰って映画の公式サイトで予告編を観て驚いた。まるっきり原作のイメージと違う感動作品になってるではないか。ご丁寧にも【文部科学省推薦】だって。実際の映画はわからないが、宣伝の仕方はまったく原作のテイストとは異なっていた。
(あと、ウィキペディアのあらすじがネタバレすぎて絶句)

この小説は、私が初めて今監督の自宅に招かれたとき、彼に強く薦められて知った。
話し込んで夜も更けた頃、というか朝方近くに「これがいいんだよ」笑顔でハードカバーの本作を手にとり紹介してくれたのだ。「なにがいいってね」と一説を暗誦し始めた。
「ぼくらには、きわめて単純なルールがある、作文の内容は真実でなければならない。ぼくらが記述するのは、あるがままの事実、ぼくらが見たこと、ぼくらが聞いたこと、ぼくらが実行したこと、でなければならない」

まだ『千年女優』の制作が始まる前だから、当人が一風変わった作風で知られる時期でもなかったので、主観を交えない描写("好き"だの"親切な"はNG)に惹かれる、という彼の言葉にはピンとこなかった。
それからずいぶん経った頃、"意図が見える絵は書きたくない"というインタビューでの発言を知り、そういうことだったのか、と思ったものだ。

「そういうことか」と書いたものの具体的には上手く説明できないんだけどね。
そのあたりは、世の今 敏ファンの方々の考察に委ねることにしよう。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


脳動説

2014/10/26 09:04
平沢進 vol5.(3)

天が回って天動説。
地球が回って地動説。
であれば脳が回って脳動説。

これって何を主体として捉えるかって話ですよね。
この世はあなたの脳(=考え)しだい。
世間ではなく、キミの認識が動いているのだ。

「それでも私はこうやりたい」

 (OK!) 遠慮なし前へ

我々がとらわれてる世間なんて幻なのかも知れません。
『架空のソプラノ』でコンテクスト・ケージに囲われたヒラサワが象徴的です。
context(文脈)という左脳的な縛りに抗う右脳的存在たるアーティスト。
常識や世間もまた脳の投影だとすれば、まるで 左脳 VS 右脳 の葛藤です。

   or 

さあどっち? (CALL!)


で、「脳動説」ですが、メジャーコードの楽天的なこの曲、私の解釈だとパラレルワールドの歌なのです。
(世界は可能性の数だけ枝分かれしているんだから)もっと快適な世界がキミのすぐ隣に存在しているよ、と。

ユニバースならぬマルチバース(多世界宇宙)とリンクする歌詞が<幕を開けて>で、"幕"は、超弦理論でDブレーンと称する仮想的な膜とかけているのでしょう。
3次元+時間の4次元宇宙は我々が認識しているもの以外にも多数あり、それぞれの物質世界はDブレーンの上に乗って(包まれて?)より高次元の空間を漂っているのです。



 わかるかああぁそんな話!


んー、ようするに、幕(膜)を開けて別の世界にヒョイと移動しましょう、と歌っているんですね。
心の枷(かせ)を外して。

ちなみにブレーンの綴りは brane で、生物学用語の薄幕(membrane)由来だそうです。
brain ではないのでご注意を。
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


平沢進リマスター・ベスト盤の音質レビュー

2014/09/24 00:25
平沢進 vol.5 (2)

平沢進ソロ・デビュー25周年 Project Archetype として展開されるアルバム再リリースの企画のひとつ『Archetype | 1989-1995 Polydor years of Hirasawa』のレビューを音質の話に限定して書きます。アルバムの詳細はこちら→ http://moderoom.fascination.co.jp/modules/info/index.php?page=article&storyid=179

実は、これまでCDのリマスター盤というものを聴いて明確な音質の向上を感じた経験はありませんでした。
そんな私ですが、今回はハッキリ違いがわかりました。
普通「高音質」と聞いて想像するのは、冴えわたる高音あるいは迫力の低音かもしれませんが、今回のリマスタリングで一番変化が大きかったは、中低域の音の厚みでした。高音はざらつきが減ったためにかえって印象が薄くなったほどです。例えるなら、レシピは同じでも高品位な食材を使った料理というか、熟成させた高級肉を食べてる満足感でしょうか。再生機器で言うと、プレーヤーではなくアンプを電源がしっかりした良質な製品に換えたような変化です。
1作目2作目のアルバム曲の改善が目立ちます。「世界タービン」はドラム、ベースの音の骨格がしっかりして別ミックスではないかと思ったくらいです。「ロケット」のベースラインも明瞭になって、楽器が持つそれぞれの役割がはっきりわかります。「金星」のギターは録音マイクを替えたような生々しさ。音に厚みがあるため、弦楽器を使った曲では脇役的なポジションのヴィオラがしっかり活躍しているのが聴き取れます。Disc2収録の「魂のふる里」が絶品で「いままで聴いていたのは何だったんだ?!」と思うくらい。この曲のオリジナル盤は音が堅く、歌声にも金属的な響きを感じてリマスター盤ほど楽しめません。
これらの欠点は、音楽メディアがアナログレコードからCDに変わったとき感じたものと同じでした。
CD登場時にその音に納得できなかったのは、アナログマスターからデジタル信号に変換する技術が未成熟だったことも理由にあったのだと実感しました。
ちょっと話が逸れますが、『白虎野』のインタラの帰り、平沢仲間との飲み会でのことです。
話題はステージで使われてたCGになっていました。「コンピュータ・グラフィックの欠点は粗密感がなくなることだよね」と私が言うと、我が意を得たり、とばかりに今監督が私の背中をドンと叩き「それ、百万点の答だよ!」嬉しそうに言うのです。私はCDの音の不自然さをデジタルの映像についても同様に感じていたので、そう言葉にしたのでした。
ちょうどCGの違和感が薄らいできた頃でした。音響の世界でも今日にいたるまで技術の向上が続いていたわけです。最新のリマスター盤を聴いて、そんな出来事を懐かしく思い出しました。

自作スピーカーの記事などで人気があったオーディオ評論家の長岡鉄男氏は「いい音を聴く秘訣は、いい音のソフトを聴くことだ」と、身も蓋もない事を書いて読者をガッカリ(笑)させていましたが、実際、もともとの音源の良し悪しは出てくる音にとって支配的なのです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

喫茶ポプリ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる