喫茶ポプリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄切り歌

<<   作成日時 : 2015/12/13 13:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

平沢進 Vol.5 (7)

まずは「アヴァター・アローン」の話から。

曲が出来たときは、(道に)あああー あおーん♪だったはず。
歌詞がハマればいいのだから、ここは「アジャパーだよ〜ん」でもよい。
よくないか。
しかるに、あおーん には「アローン」が選ばれた。
平沢さんが好きなSF小説『人間以上』からのチョイスだろう。
天涯孤独だった青年ローン(自分でつけた名前は「オール・アローン」)が世間から迫害される様がこの曲のモチーフとみた。
「衛星ALONE」や綴りを反転させた「電子悲劇ENOLA」もあるし、以前から重要なワードだったと思われる。

『ホログラムを登る男』は、ホログラムに象徴される様々な非現実、虚像、幻影をテーマにしたアルバムだ。
実体がないというくくりであれば、我々の思念もそうだと言えなくもない。
それは夢見る力として活動の源泉になればいいが、硬直した思い込みとして自らを縛る鎖にもなる。
だが、ヒラサワは「鉄切り歌」で歌いかける。
あせらず経験を積めば、鉄の茨も断ち切れる日が来ると。

ところで「ソリトン」の冒頭にも“鉄”が登場する。(♪このの色あい・・)
ソリトンは孤立波=アローンの波。
アローンとアイロン(鉄:iron)は似てないだろうか。

インタラクティブ・ライブ WORLD CELL 2015 の最終日、私は会場参加した。
エンディングで歌われたのは、終幕に相応しい「鉄切り歌」だった。

 空の星座へ 空の星座へ・・・

星座は星の集まり、アローンではない。
全国から駆けつけた観客は、♪鉄は だんだん切れ♪ の合唱でひとつになった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄切り歌 喫茶ポプリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる